今の気分に合った音楽を見つける
自己肯定感を上げる

【メンタリストDaiGoおすすめ】インナーパーソナリティリストを書いて自己肯定感を上げる

インナーパーソナリティリスト

をご紹介します。

インナーパーソナリティリストは、メンタリストDaiGoさんの著書『週40時間の自由をつくる超時間術』で紹介されているメンタル強化術です。

期待できる効果は以下の通り。

・幸福度が上がる

・自己肯定感が上がる

・EQが上がる

より幸せに生きたい方はぜひ参考にしてください。

インナーパーソナリティリストの書き方

インナーパーソナリティリストの書き方はとても簡単。

自分の中に複数あるインナーパーソナリティをすべて紙に書き出し、リスト化するだけです。

インナーパーソナリティとは、「優しい自分」「イライラしやすい自分」などの、自分の中にいるキャラクターのことです。

書き出すときの注意点は以下の2つ。

①できるだけ多くのインナーパーソナリティを書く

②自分の中に存在しないインナーパーソナリティは書かない

できるだけ多くのインナーパーソナリティを書いた方が効果は高いですが、自分の中に存在しないものを書く必要はありません。

自分の中に存在しているかどうかは、「『優しい自分』は、自分の中によく存在してるな」といった直感に従って判断してください。

メンタリストDaiGoが紹介するインナーパーソナリティリストの効果:幸福度が上がる

インナーパーソナリティリストを書く効果を、メンタリストDaiGoさんの著書『週40時間の自由をつくる超時間術』から引用してご紹介します。

おもしろいことに、ある研究では、インナーパーソナリティーリストを作っただけでも、被験者の幸福度は上がったそうです。

引用:メンタリストDaiGo著『週40時間の自由をつくる超時間術』

このインナーパーソナリティーリストは、書き出したキャラの数が増えるほど幸福度が高まりやすいこともわかっています。

引用:メンタリストDaiGo著『週40時間の自由をつくる超時間術』

上記のとおり、インナーパーソナリティリストを書くと

・幸福度が上がる

・書き出したインナーパーソナリティの数が増えるほど幸福度が上がる

ことが分かっています。

インナーパーソナリティリストを書いてみた

インナーパーソナリティリストを書いてみたので、参考までにご紹介します。

まずはポジティブなインナーパーソナリティから。

・内向的な自分

・努力する自分

・ほどほどに生きる自分

・メンタルが安定している自分

・真面目な自分

・怒りをコントロールする自分

・行動力の高い自分

・本番で力を発揮する自分

・人と楽しく話す自分

・共感能力が高い自分

・人の話をじっくり聴く自分

・ここぞという大事な場面で自己主張する自分

・積極的に質問する自分

・人を仲間だと考える自分

・優しい自分

・与える自分

・控え目な自分

・ありのままの他者を受け入れる自分

・笑顔ベースの自分

・ポジティブな感情を伝染させる自分

・協調性が高い自分

・楽観的な自分

・マイペースな自分

続いてネガティブなインナーパーソナリティ。

・心に余裕がない自分

・生活に余白がない自分

・大雑把な自分

・メンタルが崩れている自分

・イライラしやすい自分

・傷つきやすい自分

・ストレスを受けやすい自分

・緊張しがちな自分

・緊張して人とうまく話せない自分

・自己主張の苦手な自分

・伝えたいことをうまく言葉で表現できない自分

・質問できない自分

・人を怖がる自分

・嫌われるのを恐れる自分

・ほめるのが苦手な自分

・他者を見下す自分

・利己的な自分

・ネガティブな感情を伝染させる自分

・協調性が低い自分

・悲観的な自分

・心配性な自分

以上がブログ運営者Hikariのインナーパーソナリティリストです。

インナーパーソナリティリストを書いて感じた効果

インナーパーソナリティリスト書いて感じた効果を2つご紹介します。

①自己肯定感が上がった

②EQが上がった

①自己肯定感が上がった

自己肯定感を上げるには、マイナスな部分も含めてありのままの自分を受け入れることが大切です。

インナーパーソナリティリストでは、ネガティブな自分も認識して受け入れ、書き出す必要があるので、自己肯定感が上がりました。

②EQが上がった

EQを構成する要素の1つに自己認識力があります。引用をご覧ください。

自己認識力とはその瞬間の自分の心の動きを正しく把握し、様々な状況での自分の傾向を理解する力である。特定の出来事や問題や人に対して自分がよくとってしまう対応を知る力もこの中に含まれる。

引用:トラヴィス・ブラッドベリー、ジーン・グリーブス著『EQ2.0』

わかりやすくまとめると自己認識力は

①自分の心の動きを正しく知る力

②特定の出来事や問題、人に直面したときの自分の傾向を知る力

で成り立っています。

インナーパーソナリティリストを書くと

Hikari
Hikari
「バイトで残業させられると『イライラしやすい自分』が出てきてしまうな」
Hikari
Hikari
「しっかり事前の準備をすれば、緊張する相手とでも『人と楽しく話す自分』を出せるな」

といったように、特定の状況での自分の傾向を理解できるようになるので、EQの自己認識力が上がります。

※『EQ2.0』については以下の記事で紹介したので、興味のある方はぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【メンタリストDaiGoおすすめ】『EQ2.0』の内容と読んだ感想、おすすめの読者トラヴィス・ブラッドベリー、ジーングリーブス著『EQ2.0』の内容と読んだ感想、おすすめの読者をご紹介します。『EQ2.0』の内容が木になる方や、EQを高めてより楽しく幸せに生きたい方はぜひ参考にしてください。...

インナーパーソナリティリストはメンタリストDaiGoおすすめのメンタル強化術

今回紹介したインナーパーソナリティリストは、『週40時間の自由をつくる超時間術』で、メンタリストDaiGoさんもおすすめしています。

とても簡単にできるので

・幸福度を上げたい

・自己肯定感を上げたい

・EQを上げたい

方はぜひ実践してみてください。

あわせて読みたい
メンタリストDaiGoおすすめの本を紹介【お金・恋愛・瞑想・運動・心理学】メンタリストDaiGoさんがおすすめしている本を紹介します。本のジャンルは、お金や恋愛、瞑想、運動、心理学など様々です。メンタリストDaiGoさんに興味のある方はぜひ参考にしてください。...