今の気分に合った音楽を見つける
ジャーナリング(書く瞑想)の効果

【ストレス解消】ジャーナリング(書く瞑想)で頭に浮かんだことをそのまま書き出す

ストレスを解消したい方

に向けて

ジャーナリング(書く瞑想)でストレスを解消する方法

をご紹介します。

今回紹介する方法は、メンタリストDaiGoさんの著書『ストレスを操るメンタル強化術』で紹介されています。

本書はストレスや失敗、挫折、内向的な性格、瞑想を味方につけ、メンタルを強化する方法を紹介した良書。

・ストレス対処能力を上げたい方

・失敗や挫折を力に変えたい方

・内向的な性格を活かしたい方

・瞑想に興味のある方

はぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
本の画像です。
【感想】『ストレスを操るメンタル強化術』を読んでストレスを味方にするメンタリストDaiGo著『ストレスを操るメンタル強化術』を読んだ感想と本の内容、おすすめの読者をご紹介します。『ストレスを操るメンタル強化術』の内容を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。...

ジャーナリング(書く瞑想)でストレスを解消する方法

ノートとシャープペン

ジャーナリングでストレスを解消する方法はとても簡単。

「いま感じている感情は…」という話題に続けて、そのときの感情や思ったことを10分紙に書き出すだけです。

ポイントは2つ。

・頭に浮かんだことをそのまま紙に書き出す

・時間がくるまで書くペンを止めない

書き出すときに難しいことを考える必要はありません。

誤字や脱字、文法は気にせず、頭に浮かんだことをそのまま紙に書き殴ってください。

1点だけ注意してほしいのは、時間がくるまで書くペンを止めないこと。

もし書くことがなくなったら、書くことが浮かんでくるまで、「書くことがない…」「まだ書くことがない…」と書き続けてください。

ジャーナリング(書く瞑想)でストレスを解消できる理由

ジャーナリング(書く瞑想)をしている画像です。

引用をご覧ください。

ストレスはほとんどの場合、「自分をよく見せよう」「自分の感情を抑えよう」と思ったときに起こります。そうするとメンタルが弱くなりますから、自分の感じたことを素直に紙に書いて吐き出すのです。

引用:メンタリストDaiGo著『ストレスを操るメンタル強化術』

感情を20分書き出すだけで、メンタルが強くなり、ストレスが大幅に消えていきます。

引用:メンタリストDaiGo著『ストレスを操るメンタル強化術』

上記のとおり、ジャーナリングでストレスを解消できる理由は、書いた紙を誰にも見られないため、自分の感情を抑えることなく感じて吐き出せるからです。

あわせて読みたい
本の画像です。
【感想】『ストレスを操るメンタル強化術』を読んでストレスを味方にするメンタリストDaiGo著『ストレスを操るメンタル強化術』を読んだ感想と本の内容、おすすめの読者をご紹介します。『ストレスを操るメンタル強化術』の内容を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。...

・ストレスがたまったとき

・自分の気持ちを誰にも打ち明けられないとき

・生きるのがしんどくてどうしようもないとき

は、ぜひジャーナリングで、頭に浮かんだことをそのまま紙に吐き出してみてください。

気分がとてもすっきりし、ストレスが解消されるのを実感できるはずです。

Hikari
Hikari
ジャーナリングしたあとは本当に気分がすっきりするよ

ジャーナリングでストレスを解消する方法は、メンタリストDaiGoさんの著書『ストレスを操るメンタル強化術』で紹介されています。

本書はストレスや失敗、挫折、内向的な性格、瞑想を味方につけ、メンタルを強化する方法を紹介した良書。

・ストレス対処能力を上げたい方

・失敗や挫折を力に変えたい方

・内向的な性格を活かしたい方

・瞑想に興味のある方

はぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
本の画像です。
【感想】『ストレスを操るメンタル強化術』を読んでストレスを味方にするメンタリストDaiGo著『ストレスを操るメンタル強化術』を読んだ感想と本の内容、おすすめの読者をご紹介します。『ストレスを操るメンタル強化術』の内容を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。...

ジャーナリング(書く瞑想)を習慣にしてストレスを解消する

ジャーナリング(書く瞑想)をしている画像です。

ジャーナリングでストレスを解消するには、ジャーナリングを習慣にする必要があります。

そこでおすすめなのが、お気に入りのシャープペンのノートを使うこと。お気に入りのシャープペンとノートを使えば、ジャーナリングのモチベーションが上がり、習慣化しやすくなります。

ここではジャーナリングにおすすめのシャープペンとノートをご紹介します。

書き続けると手や腕が疲れてきますが、グリップが柔らかいユニアルファゲルのシャープペンを使うと、疲れが多少軽減されます。

カラーバリュエーション豊富で、グリップも細いものと太いものがあるので、自分の好みに合ったものを使ってみてください。

上記のノートをおすすめする理由はとても単純。

1ページが37行あり、ページ数も50枚と多いため、他の羅線ノートと比べてたくさんの量を書けるからです。

今回紹介した方法は、メンタリストDaiGoさんの著書『ストレスを操るメンタル強化術』で紹介されています。

本書はストレスや失敗、挫折、内向的な性格、瞑想を味方につけ、メンタルを強化する方法を紹介した良書。

・ストレス対処能力を上げたい方

・失敗や挫折を力に変えたい方

・内向的な性格を活かしたい方

・瞑想に興味のある方

はぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
本の画像です。
【感想】『ストレスを操るメンタル強化術』を読んでストレスを味方にするメンタリストDaiGo著『ストレスを操るメンタル強化術』を読んだ感想と本の内容、おすすめの読者をご紹介します。『ストレスを操るメンタル強化術』の内容を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。...