今の気分に合った音楽を見つける
摂食障害を治す

過食する自分を責めるべきではない理由【過食の悪循環に陥るから】

・過食を伴う拒食症

・過食嘔吐

・非嘔吐過食症

・むちゃ食い障害

の方に向けて

・過食する自分を責めるべきではない理由

•過食は本人にとって必要なものである

・過食する自分をどうして責めたくなったときの対処方法

をご紹介します。

過食する自分を責めるべきではない理由

過食する自分を責めるべきではないのは、過食の悪循環に陥り、症状が悪化するからです。

前提として、「過食」の人が過食するのは、「自分のことが嫌いな気持ち」などのストレスをためたとき。

過食して自分の感覚を麻痺させ、ストレスから逃れようとします。

あわせて読みたい
心配症で冒険好きな人が「過食」を発症しやすい理由過食を伴う拒食症や過食嘔吐、非嘔吐過食症、むちゃ食い障害の方に向けて、心配性で冒険好きな性格の人が、「過食」を発症しやすい理由をご紹介します。自分の性格について知り、摂食障害を治したい方は、ぜひ参考にしてください。...

過食したときに自分を責めると

「過食する自分は意志が弱い」

「過食して太る自分は、なんて醜いんだ」

「過食でお金を無駄にしている」

「過食で家族に迷惑をかけている」

といった「自分のことが嫌いな気持ち」がたまります。

「過食」の人は、これらの「自分のことが嫌いな気持ち」から逃れるためにまた過食してしまうため、症状が悪化します。

過食は今の自分にとって必要なものである

過食する自分を責めないためには、「過食は今の自分にとって必要なものである」と認めることが大切です。

過食には

①「飢えを解消するための過食」

②「ストレスから逃れるための過食」

の2種類がありますが、どちらも本人にとって必要なものです。

理由を順にご紹介します。

https://hikarikagayaku.com/overeating-type

①「飢えを解消するための過食」の場合

「飢えを解消するための過食」とは、飢餓状態になったときに、「死なないようにする」ための過食のこと。

この過食が本人にとって必要なのは、足りない栄養を補って生き延びるためです。

②「ストレスから逃れるための過食」の場合

「ストレスから逃れるための過食」とは、「自分のことが嫌いな気持ち」や、「モヤモヤしたネガティブな気持ち」などのストレスから逃れるための過食のこと。

この過食が本人にとって必要なのは、過食して自分の感覚を麻痺させ、ストレスから一時的に逃れるためです。

過食する自分を責めたくなったときの対処方法

過食した自分を責めるべきではないとはいえ、責めたくなるのも無理はありません。

そんなときは引用の通り、「過食する自分を責めるのは正しくないということを理解する」ようにしてください。

「自分を責めないほうがいい」と言われても、実際に過食をしているし、親を心配させているのだからと思う人も多いでしょう。確かに、気休めで、「自分を責めないほうがいい」などといっても、さらに事態を混乱させるだけだと思います。ここでは、「自分を責めないほうがいい」のではなく、「自分を責めることは正しくない」ということを理解していただきたいと思います。

引用:水島広子著『拒食症・過食症の正しい治し方と知識』

「過食する自分を責めるのは正しくないということを理解する」とは、「過食するのは意志が弱いからではなく、症状をコントロールできない病気だからだということを理解している」ということです。

過食する自分を責めるのは正しくないということを理解しているだけでも、摂食障害の克服に大きく前進しています。