今の気分に合った音楽を見つける
摂食障害を治す

「飢えを解消するための過食」と「ストレスから逃れるための過食」

・過食を伴う拒食症

・過食嘔吐

・非嘔吐過食症

・むちゃ食い障害

の方に向けて

•2種類の過食

①「飢えを解消するための過食」

②「ストレスから逃れるための過食」

•どちらの過食をしているのか知ることが大切な理由

をご紹介します。

「飢え過食を解消するための過食」と「ストレスから逃れるための過食」

過食には以下の2種類があります。

①「飢えを解消するための過食」

②「ストレスから逃れるための過食」

順に見ていきましょう。

①「飢えを解消するための過食」

引用をご覧ください。

過食には2種類の過食があります。1つは、「飢えを解消するための過食」です。これは摂食障害に特有のものではなく、生物としての人間に備わった力です。ダイエットをして飢餓状態になると、「死なないように」する力が働き、「とにかく食べなければ」という状態になり過食が起こります。

引用:水島広子著『拒食症・過食症の正しい治し方と知識』

上記のとおり、「飢えを解消するための過食」とは、飢餓状態になったときに、「死なないように」するための過食のことです。

この過食は生物としての人間に備わった力なので、「過食」ではない人にも起こります。

ですので、「飢えを解消するための過食」をする自分を責める必要はありません。

あわせて読みたい
過食する自分を責めるべきではない理由【過食の悪循環に陥るから】過食を伴う拒食症や過食嘔吐、非嘔吐過食症、むちゃ食い障害の方に向けて、過食する自分を責めるべきではない理由をご紹介します。過食症を治したい方は、ぜひ参考にしてください。...

ここでいう「過食」とは、過食症のことではなく、「過食」の要素のことです。

「過食」と「拒食」の要素については、以下の記事を参考にしてください。

https://hikarikagayaku.com/element-anorexia-blimia

②「ストレスから逃れるための過食」

引用をご覧ください。

もう一つのタイプの過食は、「過食」の要素と関係があり、治療の対象となるものです。これは、「モヤモヤとしたネガティブな気持ちから逃れたい」という動機から行われる過食のことです。

引用:水島広子著『拒食症:過食症の正しい治し方と知識』

上記のとおり、「ストレスから逃れるための過食」とは、「モヤモヤとしたネガティブな気持ち」から逃れるための過食のことです。

こちらは「過食」を発症した人に特有の過食で、摂食障害の治療の対象になります。

「ストレスから逃れるための過食」は、根本の「モヤモヤとしたネガティブな気持ち」を解決できません。

しかし過食して自分の感覚が麻痺させることで、「モヤモヤとしたネガティブな気持ち」から一時的に逃れることはできます。

ですので「ストレスから逃れるための過食」も、「過食」の人にとっては必要なもの。

「ストレスから逃れるための過食」をする自分を責める必要はありません。

あわせて読みたい
過食する自分を責めるべきではない理由【過食の悪循環に陥るから】過食を伴う拒食症や過食嘔吐、非嘔吐過食症、むちゃ食い障害の方に向けて、過食する自分を責めるべきではない理由をご紹介します。過食症を治したい方は、ぜひ参考にしてください。...

どちらの過食をしているのか知ることが大切な理由

摂食障害の治療するうえでは、自分がどちらの過食をしているのか知ることは大切です。

なぜならどちらの過食をしているのかがわかれば、取るべき対処法もわかるから。

たとえば「飢えを解消するための過食」をした場合。

絶食や極端な食事制限をしないように気をつければ、栄養が足りなくなって「飢えを解消するための過食」をすることはありません。

一方「ストレスから逃れるための過食」をした場合。

ストレスの原因となった「モヤモヤしたネガティブな気持ち」や「自分のことが嫌いな気持ち」を突き止め、「正しい方法」で解消できれば、「ストレスから逃れるための過食」は減ります。

ここでいう「正しい方法」とは

・自己主張して人間関係のストレスを減らす

・「遭難したような不安」を解消し、安心感を得る

などを指します。

あわせて読みたい
自分の気持ちを話すのが苦手な人が摂食障害にかかりやすい理由自分の気持ちを話すのが苦手な人が摂食障害を発症しやすい理由を、「拒食」と「過食」にわけて解説しました。拒食症や過食症を克服したい方は、ぜひ参考にしてください。...
あわせて読みたい
【「拒食」を発症しやすいタイミング】「遭難したような不安」を感じたとき皆さんは自分が「拒食」を発症した原因を理解していますか?この記事では「拒食」を発症しやすいタイミングを、具体例を交えて解説しました。拒食症や過食症を治したい方は、ぜひ参考にしてください。...

もちろんとぢらの過食をしているか理解しただけで、すぐに克服できるような簡単な病気ではありません。

しかし理解できた方が上手に対処できるようになるので、克服に向けて一方前進した状態だといえるでしょう。