今の気分に合った音楽を見つける
仕事

フリーターが週6でバイトをするメリットとデメリット【体験談】

当サイトの運営者は、週6でアルバイトをする生活を約1年続けています。

今回はそんな僕が

フリーターが週6でバイトをする4つのメリットと4つのデメリット

をご紹介します。

週6でバイトをするかどうかで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

新しいバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。

採用されると最大で1万円、最低でも5千円の祝い金(マッハボーナス)がもらえます。

新しいバイトを見つけ、ついでに祝い金も貰いたい方は、ぜひマッハバイトでバイトを探してみてください。

採用されると祝い金!マッハバイトで今すぐ新しいバイトを探す>>



フリーターが週6でバイトをするメリット

フリーターが週6でバイトをするメリットは4つ。

①1日の労働時間が減る

②1日の空き時間が増える

③規則正しい生活リズムを維持しやすい

④多くの成長する機会を得られる

さっそく順にご紹介します。

①1日の労働時間が減る

週6でバイトをすれば、働く日数が増える分、1日の労働時間を減らせます。

特に1日の労働時間が6時間に満たない場合、休憩を取る必要がないため、バイトに拘束される時間を大幅に減らせます。

1日の労働時間が減れば、1回のバイトに対する心理的な負担も減るでしょう。

②1日の空き時間が増える

個人的にはこれが1番のメリットだと思っているのですが、週6のバイトで1日の労働時間が減れば、1日の空き時間が増えます。

1日の空き時間が増えるということは、趣味や勉強などに使える1日あたりの時間も増えるということ。

たとえば僕の場合、増えた空き時間を利用して、瞑想や運動、読書、ブログ執筆などの趣味を楽しんでいます。

週5で働いて、休日の時間をめいいっぱい使えばいいのでは?

というツッコミが入りそうですが、人間の集中力はそう長くは続かないので、1日をめいいっぱい趣味や勉強に使うよりも、毎日少しずつ趣味や勉強に使った方が効率がいい気がしています。

③規則正しい生活リズムを維持しやすい

皆さんは休日に平日よりも寝過ぎてしまい、生活リズムを崩してしまった経験はないでしょうか?

毎日のバイト時間をある程度一定にすれば、休日が少ない分、こうした生活のリズムの乱れに陥る可能性は小さくなります。

ただし、毎日不規則な時間にバイトしたり、夜遅くまでバイトしたりすると、むしろ生活リズムを崩しやすくなってしまうので注意してください。

④多くの成長する機会を得られる

たとえバイトでも、仕事を成長する機会だと捉え、何らかの意義を見出して働くことで、大きく成長できます。

たとえば僕の場合、バイトを瞑想のトレーニングをしたり、他者に優しさを与えたりする機会だと捉えることで、少しずつ成長できています。

週6でバイトをすれば、週4や5でバイトするよりも、こうした成長する機会をたくさん得られます。

新しいバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。

採用されると最大で1万円、最低でも5千円の祝い金(マッハボーナス)がもらえます。

新しいバイトを見つけ、ついでに祝い金も貰いたい方は、ぜひマッハバイトでバイトを探してみてください。

採用されると祝い金!マッハバイトで今すぐ新しいバイトを探す>>



フリーターが週6でバイトをするデメリット

続いて、フリーターが週6でバイトをするデメリットを4つご紹介します。

①バイトに伴う時間が増える

②心が休まる時間をとりづらい

③遊びづらい

④週1の休日に予定を詰め込むことになる

さっそく順に見ていきましょう。

①バイトに伴う時間が増える

バイトに伴う時間とは、化粧や髪セット、通勤、バイト中の休憩などの、バイトにより発生する労働時間以外の時間のこと。

週6でバイトをすると、週4や5でバイトするよりも、バイトに伴う時間は増えてしまいます。

②心が休まる時間をとりづらい

週6でバイトをすると、働く日数が増える分、バイトに意識が向かいやすくなり、心を休める時間をとりづらくなります。

朝からバイトがある場合は、前日の夜に憂鬱になってしまいますし、昼や夕方からバイトがある場合でも、午前中は午後のバイトに意識が向かい、上手く心を休められません。

③遊びづらい

週6でバイトをすると休日が少なくなるので、休みを利用して遊びに出掛けるのは難しくなります。

④週1の休日に予定を詰め込むことになる

週6でバイトをすると、休みが週に1回しかないので、その休日に予定を詰め込むことになります。

遊びの予定以外にも、髪を切ったり病院に行ったりといった、休日にしかできない活動を詰め込むと、せっかくの休日なのに、たいして休めずに終わってしまいます。

新しいバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。

採用されると最大で1万円、最低でも5千円の祝い金(マッハボーナス)がもらえます。

新しいバイトを見つけ、ついでに祝い金も貰いたい方は、ぜひマッハバイトでバイトを探してみてください。

採用されると祝い金!マッハバイトで今すぐ新しいバイトを探す>>



フリーターが週6でバイトをするなら掛け持ちがおすすめ

おわりに、フリーターが週6でバイトをするメリットとデメリットをまとめます。

(1)フリーターが週6でバイトをするメリット

①1日の労働時間が減る

②1日の空き時間が増える

③規則正しい生活リズムを維持しやすい

④多くの成長する機会を得られる

(2)フリーターが週6でバイトをするデメリット

①バイトに伴う時間が増える

②心が休まる時間をとりづらい

③遊びづらい

④週1の休日に予定を詰め込むことになる

以上です。

上記を踏まえたうえで、週6でバイトをするなら、掛け持ちをおすすめします。

なぜなら週6でシフトに入れてくれるバイトはそう多くはありませんし、週6で同じ仕事をしていると、飽きてしまう可能性が高いからです。

あわせて読みたい
【掛け持ちはおすすめ?】フリーターがバイトを掛け持ちするメリットとデメリットフリーターがバイトを掛け持ちする4つのメリットと、2つのデメリットを紹介します。掛け持ちをするかどうかで悩んでいるフリーターの方は、ぜひ参考にしてください。...

もし掛け持ち先を探すなら、採用されると最大で1万円、最低でも5千円の祝い金(マッハボーナス)がもらえるマッハバイトをおすすめします。

新しいバイトを見つけ、ついでに祝い金も貰いたい方は、ぜひマッハバイトでバイトを探してみてください。

採用されると祝い金!マッハバイトで今すぐ新しいバイトを探す>>