今の気分に合った音楽を見つける
価値観

外見への執着を手放したい【外見に左右されない幸せを手に入れる】

外見への執着を手放したい理由

をご紹介します。

外見への執着を手放したい理由

「外見への執着」とは、体型を過度に気にしてダイエットしたり、かっこよくなろうとして過度に髪型を気にしたりすること。自分の価値を外見に見出している状態です。

僕がこの「外見への執着」を手放したい理由を

①人生での苦しみが増大するから

②自分の価値は心にあることを忘れてしまうから

③他者の外見を評価し、横の関係を築けなくなるから

の順にご紹介します。

①人生での苦しみが増大するから

1つ目の理由は、外見に執着すると人生での苦しみが増大するから。

理由を

1.外見の調子により気分が上下するから

2.外見を常に気にしなければならないから

3.美しい外見は追い求めるときりがないから

4.外見がもたらす幸せは持続性が低いから

の順にご紹介します。

1.外見の調子により気分が上下するから

外見に執着すると、外見の調子により気分が上下してしまいます。

髪をうまくセットできたり、睡眠をたっぷりとれたりして、外見の調子が良いときは問題ありません。しかし髪をうまくセットできなかったり、睡眠不足になったりすると、外見の調子が悪くなり、気分が下がってしまいます。

気分がいちいち外見のコンディションに左右されてしまっては、なかなか心が安定しないでしょう。

2.外見を常に気にしなければならないから

外見に執着すると、美しい外見を保つためにいつも気を遣わなければなりません。太らないよう摂取カロリー気にしたり、セットした髪型が乱れないように注意したり…

こうした常に外見を気にする生活はとてもストレスフルです。

3.美しい外見は追い求めるときりがないから

美しい外見は追い求めるときりがありません。

ダイエットするのはいいけれど、一体どの程度までやせるのか?髪をセットするのはいいけど、一体どの程度までかっこいい髪型を追求するのか?整形が止まらなくなるのも、美しい外見を追い求めるときりがなくなる証拠だと思います。

完璧を求めると自分の外見にいつまでも満足できなくなり、人生の幸福度が下がるでしょう。

4.外見がもたらす幸せは持続性が低いから

外見がもたらす幸せは持続性が低いです。

美しい外見は年齢とともに衰えますし、事故や病気でいつ美しい外見を失うかわかりません。

自分の価値を外見に見出していると、美しい外見を失ったときの代償が大きすぎる気がしています。

②自分の価値は心にあることを忘れてしまうから

2つ目の理由は、外見に執着すると自分の「心にある価値」を忘れてしまうから。「心にある価値」は、「命自体の価値」や「存在自体の価値」と言い換えられます。

人は生きているだけで価値を持った素晴らしい存在。それぞれが持つ命の重さに違いはありません。

自分の価値を外見に見出すと、その分この「心にある価値」を感じづらくなってしまいます。

実際に過去の僕は、外見に執着しすぎた結果

Hikari
Hikari
太っている自分に価値はない

と考え、自分の「心にある価値」を感じられなくなり、摂食障害という精神的な病気にかかりました。

③他者の外見を評価し、すべての人と対等な関係を築けなくなるから

3つ目の理由は、他者の外見を評価し、すべての人と対等な関係を築けなくなるから。

自分の価値を外見に見出すと、おのずと他者の外見を評価するようになります。「この人はかっこいいな」「この人は美人だな」といった具合に。

前述した通り、人は生きているだけで価値を持った素晴らしい存在であり、それぞれ違いはありますが、皆対等です。

にも関わらず外見を評価してしまうと、無意識のうちに上下関係を作ってしまい、すべての人と対等な関係を築けなくなるでしょう。

外見への執着を手放すために

外見への執着を手放すために実践したいことを

①「豊かな心」を育てる

②外見に執着したときは自覚する

③他者の外見ではなく心を見る

の順にご紹介します。

①「豊かな心」を育てる

僕にとっての「豊かな心」とは

人とのつながりを感じる心

自然とのつながりを感じる心

・あらゆるものに感謝する心

・世界を感じる心

・世界を面白がる心

・あるがままの自分を生きる心

・他者に共感する心

のことです。

「豊かな心」を育て、自分の価値を存在自体に見出せれば、外見に執着する必要はなくなります。

あわせて読みたい
【Hikariの価値観】「豊かな心」を育て、生きてるだけで幸せになるブログ運営者のHikariが大切にしている価値観「『豊かな心』を育てる」についてご紹介します。「豊かな心」が何を指すのか、なぜ「豊かな心」を育ってたい思ったのかについて知りたい方は、ぜひご覧ください。...

②外見に執着したときは自覚する

今後「自分の価値を見出すために外見を磨く」ことはありませんが、「外見の調子によって気分が上下する」ことはあるかと思います。

髪をうまくセットできたときに気分が上がったり、逆にうまくセットできなかったときに気分が下がったり…

外見の調子によって気分が上下したときは、上がったか下がったかにかかわらず、外見に執着している自分を自覚し、気分が左右されないように努力したいと思います。

③他者の外見ではなく心を見る

「この人はかっこいいな」「この人は美人だな」といった具合で他者の外見を評価すると、おのずと自分の価値を外見に見出してしまいます。

「他者の外見を評価すると、すべての人と対等な関係を築けなくなる」ことは前述しましたが、自分自身が外見に執着しないためにも、他者の外見ではなく心を見たいと思います。