今の気分に合った音楽を見つける
ストレスに対処する

【ストレス対処法】ストレスがかかったときの自分をリスト化する

ストレス対処能力を上げたい

方に向けて

ストレスがかかったときの自分の状態をリスト化し、ストレスに対処する方法

をご紹介します。

ストレスがかかったときの自分をリスト化し、ストレスに対処する方法

やり方はいたって簡単。

ストレスがかかったときの自分を書き出してリスト化するだけです。

参考までに、僕が実際に書いたストレスがかかったときの自分をご紹介します。

・ストレス食いをする

・バイト前に食事をとる

・太る

・睡眠不足になる

・考えごとをして寝る時間が遅くなる

・睡眠時間を削って作業をする

・起床後にだるさを感じる

・腹痛を起こす

・皮膚がかゆくなる

・鼓動が早くなる

・細かいことが気になる

・考えごとをして目の前のことに集中できなくなる

・習慣がおろそかになる

・瞑想に集中できなくなる

・風呂掃除を簡単に済ませる

・生活の余白がなくなる

・理想の自分を追求できなくなる

・感謝できなくなる

・他者貢献できなくなる

・バイトで良い接客ができなくなる

以上です。

ストレスがかかったときの自分をリスト化する効果

ストレスがかかったときの自分をリスト化する効果は2つ。

①小さなストレスの表れに気付けるようになる

②ストレスがかかっている自分にいち早く気付き対処できる

順に見ていきましょう。

①小さなストレスの表れを認識できるようになる

ストレスがかかったときの自分をリスト化すると、ストレスを受けたときの身体の反応や、とってしまいがちな行動に敏感になり、小さなストレスの表れを認識できるようになります。

たとえば僕の場合、リスト化する習慣をつける前は

風呂掃除を簡単に済ませる

が自分のストレスの表れだとは思っていませんでした。

ところがリスト化する習慣をつけると

Hikari
Hikari
そういえば風呂掃除を簡単に済ませるときっていつも心に余裕がないな。

と考えられるように。

「風呂掃除を簡単に済ませる」という小さなストレスの表れを認識できました。

②ストレスがかかっている自分にいち早く気付き対処できる

小さなストレスの表れを認識できるようになると、ストレスがかかっている自分にいち早く気付き、すばやく対処できます。

たとえば僕の場合。

・風呂掃除を簡単に済ませる

・バイト前に食事をとる

このあたりはかなり小さなストレスの表れですが

Hikari
Hikari
今の自分にはストレスがかかってるんだな

と認識できるようになり、すばやくストレスに対処できるようになりました。

ストレスの表れに気づいたときにすばやく対処するためには、自分にとって有効なストレス対処法を知っておく必要があります。

以下の記事で、自分にとって有効なストレス対処法を書き出し、リスト化する方法を紹介しました。

ストレス対処能力を上げたい方はぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
コーピングレパートリーを作ってストレスに備える【メンタリストDaiGoおすすめ】自分にとって有効なストレス解消法を書き出してリスト化するコーピングリストについて解説しました。ブログ運営者が実際に書いたコーピングリストも紹介しています。ストレスに弱い自覚がある方はぜひ参考にしてください。...

ストレスがかかったときの自分以外にリスト化するべきもの

今回はストレスがかかったときの自分をリスト化し、ストレスに対処する方法をご紹介しました。

当サイトでは他にも

を紹介しています。

ストレス対処能力を上げたい方はぜひ参考にしてください。